講座一覧

大黒家講座 再開のお知らせ

「まん延防止措置」の解除に伴い、大黒家の講座を再開しております。
今後も感染防止策を十分に講じた上で、皆様に講座を楽しんでいただけるよう運営してまいります。ご興味ある講座がございましたらぜひご参加ください。
(感染拡大、自然災害、申込みが3名以下の場合、講座の実施を中止させていただく場合がございますので予めご了承ください。)

講座一覧

教養講座

和洋文学講座「露伴と芭蕉」

講師
佐藤 勝明
東京都の出身。早稲田大学大学院博士後期課程満期退学。和洋女子大学教授。博士(文学)。近世文学(とくに俳諧史)を専攻。著書に『芭蕉と京都俳壇』(八木書店、2006)、『芭蕉全句集』(角川ソフィア文庫、2010、共著)、『松尾芭蕉と奥の細道』(吉川弘文館、2014)、『花見車・元禄百人一句』(岩波文庫、2020、共著)等。
実施日
2022年8月27日(土)
時間
13:30~15:00
受講料
会員:1,500円(税込)
一般:2,000円(税込)
定員
9名(感染予防のため少人数で実施いたします)

【講座内容】
幸田露伴は『風流仏』『五重塔』『運命』等の小説で知られる文豪の一人ながら、小説家としてだけでなく、古典文学作品等に関する研究者・考証家としても大きな足跡を残しています。とくに近世俳諧への造詣が深く、いわゆる「芭蕉七部集(俳諧七部集とも)」の注釈を個人で成し遂げたことは、前人未到の偉業といえます。
露伴がその生を終えるのは昭和22年7月30日、前年に移り住んだ市川(菅野の白幡天神社の近く)の家においてであり、その3カ月前まで、「芭蕉七部集」の評釈に打ち込み完成させています。この講座では、その評釈の特色を明らかにしつつ、併せて芭蕉の作品を鑑賞していきたいと思います。

緑の権現道を歩こう!~行徳編~

講師
高野 史郎
前千葉県自然観察指導員協議会会長。日本自然保護協会自然観察指導員。長年にわたり市川市自然環境政策専門員、千葉県の環境学習アドバイザーとして、自然に関する学習会や見学会の講師として活躍。
実施日
2022年9月3日(土)
  • 外歩き観察講座です
時間
10:30~13:30
受講料
会員:1,500円(税込)
一般:2,000円(税込)
定員
9名(感染予防のため少人数で実施いたします)

【講座内容】
市川の自然に親しむ講座です。大黒家での座学で基礎知識を確認したうえで、散策しながら自然に触れ合う形式です。権現(ごんげん)とは徳川家康のことで、鷹狩りに行く際に通ったとされる1間(1.8m)あまりの狭い道を権現道と呼び、現在は白い平板の敷石が敷かれわかりやすい道になっています。外歩きでは、この権現道を散策しながら周りの緑にふれていきます。

  • 歩きやすい服装や靴でご参加ください。昼食用の軽食をご用意ください。 なお、外歩き交通費等は自費になりますのでご準備ください。大黒屋内で昼食後、外歩きになります。

歴史講座 戦国武将 知名度はイマイチだけど実はすごかった人たち

講師
熊谷 充晃(くまがいみつあき)
著述家、歴史探究家。フリーライターとして約25年のキャリア。資料・史料を収集・分析・再構成する手法を得意とし、現在は歴史系単行本をメインに執筆。これまでに自著37点(うち4点は文庫化)、製作に携わった著作は15点を刊行。ムック含め共著多数。
実施日
2022年9月9日(金)
時間
13:30~15:00
受講料
会員:1,500円(税込)
一般:2,000円(税込)
定員
9名(感染予防のため少人数で実施いたします)

【講座内容】
この秋は「戦国武将」をテーマに講座を開催いたします。
9月は一般の認知度は低いものの実績や特技などに秀でた武将たちを何人か紹介してまいります。例えば、非情な命令を口に出せない主君の心情を汲んで、思い出話をしながら自ら死地に赴く決意を告げた剛将。主君から徹底的に疎まれて仕官先を失い、流浪の果てに死に場所を見つけた猛将。一流人たちが助命を願うほどの秀でた一芸で窮地を脱した智将…などなど。歴史好きの方には大変興味深いお話の数々が聴ける講座です。

  • 10月以降は毎月第二金曜日、10/14(金)、11/11(金)、12/9(金)13:30~15:00に開催いたします。
    10月:「よくぞこれだけそろった!みんなが優秀すぎる戦国兄弟」
    11月:「徳川家VS豊臣家 大坂の陣までのカウントダウンその内実」 

長唄講座 『都鳥』『新曲浦島』

講師
 杵家 弥江道(きねいえ やえみち)
長唄杵家派師範名取 唄方 市川市生まれ、市川育ち 長唄協会会員。杵家派の各演奏会、長唄協会主催演奏会(国立劇場) 女流名家長唄大会(三越劇場)等に出演。中学校・高等学校への長唄出張授業に参加
実施日
2022年9月16日(金)
時間
10:30~12:00
受講料
会員:1,500円(税込)
一般:2,000円(税込)
定員
9名(感染予防のため少人数で実施いたします)

【講座内容】
長唄とは江戸時代から歌舞伎と共に発展した日本の伝統音楽です。現代の我々には縁遠く感じられがちですが、そこには沢山の日本古来の風景や感情が込められております。長唄を通してかつての日本の風景や現代にも通じる普遍的な思いを感じてみませんか?お久しぶりの講座では夏を感じる曲をお楽しみ頂きたいと思います。
隅田川での逢瀬を描いた『都鳥』。明治期、坪内逍遥が東西文化の融合に挑んで作った音楽劇の序曲として作曲され、雄大な大海原の風景を描いた『新曲浦島』をご紹介いたします。

和洋文学講座「紫式部の謎」

講師
吉井 美弥子
和洋女子大学人文学部日本文学文化学科教授。早稲田大学第一文学部卒業後、同大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。専門分野は平安朝文学。著書に『読む源氏物語 読まれる源氏物語』(森話社)、編著書に『〈みやび〉異説』(森話社)、共編著書に『源氏物語事典』(大和書房)他。
実施日
2022年10月10日(月・祝)
時間
13:30~15:00
受講料
会員:1,500円(税込)
一般:2,000円(税込)
定員
9名(感染予防のため少人数で実施いたします)

【講座内容】
2024年のNHK大河ドラマの主人公に決まったとのことで、早くも何かと話題になっている紫式部。ご存じの通り、あの『源氏物語』の作者として名高い紫式部ですが、実は本名も生没年もわからない謎の多い人物なのです。『紫式部日記』を著していることでも知られますが、これもまたどのように捉えるべきか難しく手ごわい日記です。
本講座では、紫式部の人生を辿るとともに、『紫式部日記』を読み解き、さらには『源氏物語』が書かれた経緯を探りながら、紫式部の謎に迫りたいと思います。

室礼講座 第十八回「七五三」

講師
黒沢 京子(室礼研究会ゆずり葉講師)
H15年~27年「室礼三千」山本三千子氏に師事。ホテルニューオータニ長岡、長岡市雛祭り、ニッセイ松戸エデンの園、和洋国府台女子学園祭、東京歯科大学市川総合病院の室礼を担当
実施日
  • 両日とも同じ内容です
2022年10月31日(月)
【申込期限:10月24日(月)】
2022年11月2日(水)
【申込期限:10月24日(月)】
時間
13:30~15:00
受講料
会員:1,500円(税込)
一般:2,000円(税込)
別途材料費:1,000円(税込)
  • 教材の準備がありますので、申込期限以降のキャンセル・ご欠席は教材費1,000円をいただきます。
定員
9名(感染予防のため少人数で実施いたします)

【講座内容】
講座では、年中行事の意味や由来を紐解きながら、家庭で楽しんでできる行事として、実習を交えて学びます。今回のテーマは「七五三」です。七五三は子供の成長を願う通過儀礼です。氏神様に七、五、三歳まで無事に育ったことを感謝し、さらなる成長を願います。実習で使った材料は、持ち帰りご家庭でもお楽しみください。