講座紹介

講座紹介

2020年10月17日(土)開催
市川案内人の会「総寧寺と里見公園の秋バラ」
講師 市川案内人の会 石田氏
内容 冷たい雨にも関わらず、お申込者全員にご参加いただきました。前半は総寧寺の歴史を座学で実施し、後半は総寧寺、里見公園散策の予定でしたが、雨が本降りとあって中止となりました。代わりに市川の歌が14首残る歌人・若山牧水のお話を追加いたしました。
次回11月21日(土)は「万葉集に見る葛飾の真間と手児奈」です。
2020年10月16日(金)10:30~12:00 開催
伝統芸能講座 長唄を聴いてみませんか 第3回「鞍馬山」「勧進帳」
講師 杵家 弥容之(きねいえ やよゆき)
内容 講座3回目、「鞍馬山」「勧進帳」
長唄とは江戸時代から続く、歌舞伎の伴奏音楽として発展してきた日本の伝統音楽です。源義経や弁慶を題材とした回となりました。実際の曲の実演とともに時代背景や作曲された経緯などを解説も一緒に、趣のある長唄の世界が体感できます。次回は11月20日(金)です。
2020年9月19日(土)開催
市川案内人の会「江戸川鉄橋物語」
講師 市川案内人の会 石田氏
内容 江戸川に掛かる市川市内の鉄橋3本(JR、京成、R14号)の歴史物語。地図、写真等の資料を基に解説しました。講師の石田氏の幼少期の体験エピソードも含めて、分かり易く親しみのある講座でした。来月10月17日(土)は「国府台の総寧時寺と里見公園のバラ」ランチ付の講座です。
2020年9月18日(金)10:30~12:00 開催
伝統芸能講座 長唄を聴いてみませんか 第2回「秋のテーマ」
講師 杵家 弥容之(きねいえ やよゆき)
内容 講座2回目、「秋のテーマ」
長唄とは江戸時代から続く、歌舞伎の伴奏音楽として発展してきた日本の伝統音楽です。「喜三の庭」と「秋の色種」を扱いました。実際の曲の実演とともに時代背景や作曲された経緯などを解説も一緒に、趣のある長唄の世界が体感できます。次回は10月16日(金)です。
2020年9月12日(土)開催
Happy Ending(終活)と現代の葬儀事情
講師 一言 奈津江
内容 人生のエンディングを迎えるにあたって、自分はどうしたいのか、残された大切な人に対してどのようにしてあげたらいいのかを考えるきっかけとなりました。不安が先立ち、何から準備したらよいのか途方に暮れることもありますが、まずは自分がしたいことを考え、伝え残しておくことで、遺された人が迷い、苦しまなくて済むということが理解できました。また、死生観や供養観の話もあり、人に対して優しい気持ちをもって接することの大切さも見つめ直すことができました。
最後に、葬儀のプロである講師から現代の葬儀事情についても話しがありました。よいお葬式とは「遺された人が明日も笑顔で生きるため」に行うべきであり、そのためには生前に家族皆でよく話し合うことが大切、ということなどが紹介されました。
2020年9月12日(土)開催
未来を考えるディスカッション講座「生きているということ ~ある人生~」
講師 今林 豊氏
内容 今回のゲストは石田裕人さん。大学生の時から船橋市で学習支援事業に携わり、ボクシングの練習中脳内出血で倒れたのを機に、7度の手術を経験し生死の境をさまよいながら、気持ちを前向きに転換。その経験を写真と動画でリアルに伝えていただきました。石田さんのお話は、我々が普段なかなか意識できない「生きているということ」を改めて考えさせてくれるメッセージに溢れていました。今回の講座は、同時にWEB配信(ZOOM)を併用し、大黒家においでいただけない方にも視聴していただきました。今後、コロナ感染防止や遠隔地のご参加のことも踏まえWEB配信も積極的に考えていきたいと考えております。

ゲストの石田さん(左)と司会の今林さん(右)

2020年7月9日(木)開催
旅行英会話講座「美術館・博物館めぐり」「コロナ関連の会話」
講師 岡田 親彦氏
内容 時間の表現の仕方を練習。海外で時間を尋ねる際、くい違いが起こらないように聞きたい内容を正しく伝える。コロナ関連の語彙や会話も実施。一緒に発音したり、踊ったり、楽しい講座となりました。
2020年7月3日(金)開催
日本の伝統音楽講座「長唄を聴いてみませんか」
講師 杵家 弥容之(きねいえ やよゆき)
内容 今回は講座の初回でした。歌舞伎の伴奏音楽として発展してきた長唄を、楽器などの分かりやすい解説とともに演奏を楽しみました。
2020年2月8日(土)開催
ディスカッション講座(地方は生き残れるのか 創生の取り組み)
講師 今林 豊氏
内容 前半の1時間で「地方消滅の状況」「創生の取り組み例」の説明・紹介をモニターを使用して実施。後半の50分は4名ずつのグループに分かれディスカッション。その内容をグループごとに発表。
2020年1月18日(土)開催
市川の民俗行事と羽子板今昔展(ランチ付講座)
講師 市川案内人の会
内容 市川の民俗行事を2名で説明。国府台の辻切、大野のにらめっこおびしゃの2項目を30分ずつ説明。その後京成線で中山に移動、羽子板今昔展を40分ほど見学して終了。明治時代から現代までの押絵羽子板で立派なものが多く、受講者には大変好評でした。
2019年12月21日(土)開催
市川の歴史を知る「市川の古道」
講師 市川案内人の会 石田氏
内容 市川の古道の紹介。古くは大和・奈良朝廷の遣使が通った東海道の紹介から、江戸幕府になってから鮮魚を運ぶために整備した道、関所、大名行例が通った道などの解説。身近な道の歴史を知ることができて、とても勉強になったとの感想が多かったです。
2019年12月17日(火)開催
「室礼講座・お正月」4回目
講師 黒沢 京子氏
内容 今回は「お正月」がテーマで、満員の盛況でした。参加者の方と五穀豊穣を願い、紅白のお餅花を作りました。皆さまは愉しいひと時を過ごされ、華やかな紅白のお餅花でお正月の準備ができたと喜ばれていました。
2019年12月06日(金)開催
しくみを知り賢く利用「介護保険講座」2回目
講師 福田 信之氏
内容 いずれ利用する介護保険を利用した、実際各種サービス(在宅、施設、その他)を紹介。介護の選択肢はたくさんあります。メリットデメリットを把握した上で、それぞれの事情にマッチしたサービスを選択したいですね。
2019年12月06日(金)開催
「食品添加物講座」応用編
講師 富岡 由紀子氏
内容 前編で食品添加物、農薬などの基本知識、本質などを説明と実験を交え目と口で体験学習しました。今回の応用編では巷に溢れている食品添加物、農薬などの食品とどう付き合っていくか、どうしたら悪影響を軽減できるのかを実際の味比べなどで実感しながら学びます。ショックな現実も知ることになりますが、その対処を学び、自身や家族の健康に役立てるための講座です。
2019年11月29日(金)開催
しくみを知り賢く利用「介護保険講座」
講師 福田 信之氏
内容 高齢化社会を迎え、ご自身や身内の介護を考えるときに、今の介護保険制度はどのような仕組みなのかを網羅的に基礎から解説する講座です。
制度や費用のことなど、ご質問にお答えしながら、笑いも交えて勉強されていました。
2019年10月31日(金)開催
初心者歓迎!英会話初級 旅行英会話と歌から学ぶ発音と文法
講師 岡田 親彦氏
内容 英語を楽しく学べるよう、旅行の会話を中心に学習する講座です。海外旅行はもちろん、2020年の東京オリンピック・パラリンピックでも多くの外国人と話す機会が増えると思います。
道案内や天気、食事の話など、少しでも多く話が通じればうれしいですよね。
A:How can I get to the museum?
B:Yes. Go straight. It’s on your left.
皆さん一緒に口ずさみながら楽しく学習されていました。2019年12月はクリスマスの話題を取り入れる講座を実施予定です。